2018/10/23 2018年10月定例会のご案内

東印工組新宿支部 夏目坂交流会
支部長 青柳和秀
部会長 見吉将和

拝啓 初秋の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。
夏目坂交流会から、2018年10月の定例会のご案内です。

9月の定例会では、三晃印刷西田様、ドゥ・グラフィス草間様にご参加をいただき、夏目坂交流会ホームページの現状分析と今後の運営方針について話し合いました。

10月は通常の定例会となります。
近況報告と夏目坂交流会の今後の活動について話し合います。

夏目坂交流会は、東印工組新宿支部のみなさまならどなたでもご参加できます。ご出席お待ちしております。

と き  2018年10月30日(火)18:00〜20:00(開場 17:50)
ところ  新宿支部印刷会館6F 会議室
参加費  無し(二次会等・詳細未定)
申込締切 2018年10月26日(金)

定例会に出席される方は、FAX にて支部事務局までお知らせください。

敬具

東印工組新宿支部 組合員 各位

東印工組新宿支部 組合員 各位                                          2018年4月26日

東印工組新宿支部 夏目坂交流会

支部長 江曽政災

部会長 見吉将和

夏目坂交流会のお誘い

拝啓 陽春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

平素より格別のご協力を賜り、誠に有難うございます。

さて、夏目坂交流会からのお知らせです。

夏目坂交流会は4月19日に通常総会を開催いたしました。

29年度の事業・決算・監査報告、30年度の事業・予算案が原案通り承認されました。また役員改選が行われ見吉将和部会長が選出されました。

平成30年度も前年同様事業を進めていきますので、よろしくお願いいたします。

5月の定例会は新宿区総合政策部区政情報課長村上京子氏を講師にお迎えいたします。

内容は新宿区における広報全般と個人情報保護についてお話いただきます。会社にとり個人情報は経営資源となりますが適切に取り扱うことが求められおり、今回の講演は個人情報保護を考える良い機会になると思われますので、是非多くの方が聴講されますようご参加をお待ちしております。

敬具

と き 2018年5月24日(木) 18 : 00 ~20 : 00

ところ 新宿支部印刷会II6 F会議室

参加費 1,000円

 

定例会に出席される方は、以下に会社名・氏名をご記入の上、FAXにて支部事務局

までお知らせ下さい。 ( FAX 3 2 0 2-6 8 44)

会社名

氏 名

2018/4/20 平成29年度総会報告

昨日、飯田橋「グリルオオムラ」で平成29年度総会が開催されました。
議案は、平成29年度事業報告、決算報告、監査報告並びに役員改選、
そして、平成30年度事業計画案、予算案が審議され原案通り承認されました。

平成30年度の役員は以下の通りです。

部会長  見吉将和
副部会長 山田智昭
副部会長 手塚博雄
会計役  堀内哲
監査役  高橋省吾

夏目坂はみなさまのご協力で円滑に運営されておりますので、本年度もご支援いただきたく存じます。

平成29年度事業報告 (自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

4月25日 総会
場所:汐見
10名出席

5月9日 第99回定例会
講演:新たにビジネスの挑戦
講師:ニュープリンティング 根崎副編集長
場所:印刷会館会議室
11名出席

6月13日 第100回定例会
講演:コモディティ化と意味的価値
講師:和光堂株式会社 井上社長
場所:印刷会館会議室
9名出席

7月13日 第101回定例会
講演:新宿区の観光事業
講師:佐藤区商連事務局長
場所:印刷会館会議室
6名出席

8月8日 第102回定例会
テーマ:事業計画と運営
場所:東大門タッカンマリ
8名出席

9月14日 第103回定例会
講演:辞書の組版・薄紙印刷
講師:研究社印刷 小酒井社長
場所:印刷会館会議室
11名出席

10月19日 第104回定例会
講演:平版印刷部会と合同会社見学会
講師:太陽堂封筒 吉澤社長
場所:太陽堂封筒
14名出席

11月7日 第105回定例会
講演:書籍頁物組版印刷
講師:株式会社理想社 田中社長
場所:印刷会館会議室
14名出席

12月14日 忘年会
場所:ボニンアイランドシェフ
9名出席

1月23日 第106回定例会
講演:ノベルティグッズの企画制作
講師:AD印刷 魚住社長
場所:印刷会館会議室

2月22日 第107回定例会
講演:障害者差別解消法
講師:(社福)日本盲人会連合 三宅情報部長
場所:印刷会館会議室
8名出席

3月22日 第108回定例会
テーマ:事業と決算報告
場所:印刷会館会議室
6名出席

 

 

11月7日の定例会報告です

夏目坂のみなさま

11月7日の定例会報告です。

理想社田中社長を講師にお迎えしました。
1921年創業以来、一貫して書籍頁物組版印刷を専業とし、
岩波書店、文藝春秋など優良出版社を得意先に持つ印刷会社です。

内容は、先ず会社の紹介、出版界の現状について触れていただき、
組版のルールについては、文章とそれに関連する写真や図との位置関係の決まりや
ルールが各社毎に違いがあることやそれが時代と共に変化していることなど
詳細な解説がありました。
また、活版時代の文選箱や紙型などを手に取りながらの学ぶことの多い講演会となりました。

IMG_0571

10月19日の定例会報告です

10月は平版印刷部会・夏目坂交流会合同研修会として太陽堂封筒様の見学会を行いました。

4階の会議室で吉澤社長より、封筒についてお話いただきました。
封筒の種類、製作工程、デザイン、発注時のポイントなどを解説頂いた後、
作業現場の見学となり,断裁、角切り、窓加工、製袋、検品箱詰め作業を順に見ることが出来した。
見慣れた封筒が、完成する工程をみなさん初めてなので、興味深く観察していました。

封筒に関しては、対応していただけるそうで、一度相談されてはいかがでしょうか。

夏目坂のみなさま

10月19日の定例会報告です。

IMG_0490

9月14日 定例会報告

夏目坂交流会から、9月定例会のご報告です。辞書に要求される精度や鮮麗さに応える高度な技術が注目されている研究社印刷株式会社小酒井社長においでいただきました。英語など外国語の辞書でおなじみの研究社は、今年で創立110年を迎 えます。その印刷部門として独立した研究社印刷株式会社は、欧米諸外国語の語学書や辞典の組版、また辞典用紙などの薄紙印刷を得意分野として事業展開をしてお ります。
謂演では、特色あるこれらの事業についてお話していただき、講演後にミニ懇親 会を行いました。
研究社・研究社印刷の歴史
•明治40年(1907) 千f田区富士見にて英語研究社創業
•大正5年(1916)  社名を研究社とする
•大正8年(1919)  九段中坂に活字組版工場
•大正9年(1920)  神楽坂に印刷工場
•昭和2年(1927)  創業20周年 株式会社研究社として改組、 神楽坂に研究社印刷所(4階建)
•昭和3年(1928)  モノタイプ・ライノタイプ鋳造機設置
•昭和26年(1951)  研究社印刷株式会社を分離独立 他の出版社・学校などの仕事を受ける
•昭和30年(1955)  吉祥寺に辞書専門の組版部・製本部を設置
•昭和59年(1984)  一般書・辞書整版を統合して埼玉県新座市野火止に移転
小森オフセット両面印刷機導入 営業所を千代田区富士見に置く
•昭和60年(1985) NIC 辞書用コンピュータ組版システム導入(和文は晃文堂書体)
•平成2年(1990) CD-ROM 電子辞書『新英和• 和英中辞典』
•平成3年(1991) マッキントッシュDTP導入
•平成4年(1992) IC 辞書『新英和• 和英中辞典』セイコー電子
•平成5年(1993) 小森四六全判2色機導入
•平成7年(1995) インターネット辞書検索サービス
•平成8年(1996) 活版受注停止
•平成9年(1997) 最後の活字組版による辞典『英語語源辞典』の刊行
•平成10年(1998) モトヤ TAMkII 辞書用組版システム
•平成16年(2004) KOD オンライン辞書サービス開始
•平成27年(2015) XML 辞書組版
IMG_0005IMG_0002

IMG_0001

7月13日の定例会報告

夏目坂のみなさま
7月13日の定例会報告です。
新宿区商店会連合会佐藤事務局長を講師にお迎えし、
「新宿区の観光事業」をテーマにした講演会でした。
内容は、2017年1月~3月期における区内中小企業の景況を基に
景気動向、融資制度から労働環境について解説していただきました。
また、2017年9月24日に開館を予定している「漱石山房記念館」の情報発信状況、
そのロゴの取扱いや夏目漱石を教育面で活用するなどの施策を提示されました。
それから、グッズなどで区内印刷会社がどのように関われるのかを述べていただきました。
身近なところを見直して仕事創りを始めてはいかがでしょうか。
次回は、8月8日(火)江戸川橋の韓国料理店で開催します。IMG_0464

6月13日の定例会報告

夏目坂のみなさま

6月13日の定例会報告です。

和光堂株式会社井上正社長を講師にお迎えし、
「コモディティ化と意味的価値(製本業編)」(副題~測れない価値で勝ち組企業へ)
をテーマにした講演会でした。

製本業の特性、地域性などのお話から、
機能や品質の差がなくなるコモディティ化が進むと、価格競争に陥る可能性があり、
それを回避するにはどのようにすればいいかを解説いただきました。
その場合の経営戦略を立てるときは、意味的価値が重要とのとこでした。
製本発注時の注意点なども述べていただきました。

価値をどう捉えるかが事業の成功に繋がるのではないでしょうか。

次回の定例会は7月13日(木)、講師は区商連佐藤事務局長です。

5月9日の定例会報告

5月9日の定例会報告です。

ニュープリンティング株式会社根崎朋美副編集長を講師にお迎えし、
「今、印刷クライアントが始めていること」をテーマにした講演会でした。

業界紙の記者として長年多くの企業をみてきた根崎氏に、印刷産業を取り巻くビジネス環境、
そして新規事業について持参いただいた本などを手にしながら解説いただきました。

内容は、地方特に山地の魅力発信を行う「山と渓谷社」
見たいのに書店に並ばない本の対応策にブックオンデマンドで取り組む「小学館」
2社の新しいビジネスを紹介していただきました。

また、始まっている様々な企業のサービスについて説明がありました。
価値をどう捉えるかが新規事業の成功に繋がるのではないでしょうか。

次回の定例会は6月13日です。

手塚

IMG_0002IMG_0004