夏目坂のみなさま 1月10日の定例会のご報告です

夏目坂のみなさま

1月10日の定例会のご報告です。

講師はUDコンサルタント加藤明彦氏でした。
「弱視者から見たユニバーサルデザイン(UD)」についてお話いただきました。
駅構内やトイレのサインなどを写真を見ながら、認識しやすいデザインと
間違いやすいデザインの違いなどを解説いただきました。
便器での表示がその位置などでわかりやすさに大きな違いがあることが理解できまして、
また、ほぼ共通することですがフォントの選定とコントラストの配慮が重要とのことでした。
今後増える外国人や高齢者対策として、ますますUDの必要性を感じた講演となりました。

手塚
文字の大きさが、わかりにくくしているサイン 歩きにくい誘導ブロック わかりにくい便器の表示 わかりやすい便器の表示

 

 

 

 

上段左から

文字の大きさが、わかりにくくしているサイン

歩きにくい誘導ブロック

わかりにくい便器の表示

わかりやすい便器の表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*