9月14日 定例会報告

夏目坂交流会から、9月定例会のご報告です。辞書に要求される精度や鮮麗さに応える高度な技術が注目されている研究社印刷株式会社小酒井社長においでいただきました。英語など外国語の辞書でおなじみの研究社は、今年で創立110年を迎 えます。その印刷部門として独立した研究社印刷株式会社は、欧米諸外国語の語学書や辞典の組版、また辞典用紙などの薄紙印刷を得意分野として事業展開をしてお ります。
謂演では、特色あるこれらの事業についてお話していただき、講演後にミニ懇親 会を行いました。
研究社・研究社印刷の歴史
•明治40年(1907) 千f田区富士見にて英語研究社創業
•大正5年(1916)  社名を研究社とする
•大正8年(1919)  九段中坂に活字組版工場
•大正9年(1920)  神楽坂に印刷工場
•昭和2年(1927)  創業20周年 株式会社研究社として改組、 神楽坂に研究社印刷所(4階建)
•昭和3年(1928)  モノタイプ・ライノタイプ鋳造機設置
•昭和26年(1951)  研究社印刷株式会社を分離独立 他の出版社・学校などの仕事を受ける
•昭和30年(1955)  吉祥寺に辞書専門の組版部・製本部を設置
•昭和59年(1984)  一般書・辞書整版を統合して埼玉県新座市野火止に移転
小森オフセット両面印刷機導入 営業所を千代田区富士見に置く
•昭和60年(1985) NIC 辞書用コンピュータ組版システム導入(和文は晃文堂書体)
•平成2年(1990) CD-ROM 電子辞書『新英和• 和英中辞典』
•平成3年(1991) マッキントッシュDTP導入
•平成4年(1992) IC 辞書『新英和• 和英中辞典』セイコー電子
•平成5年(1993) 小森四六全判2色機導入
•平成7年(1995) インターネット辞書検索サービス
•平成8年(1996) 活版受注停止
•平成9年(1997) 最後の活字組版による辞典『英語語源辞典』の刊行
•平成10年(1998) モトヤ TAMkII 辞書用組版システム
•平成16年(2004) KOD オンライン辞書サービス開始
•平成27年(2015) XML 辞書組版
IMG_0005IMG_0002

IMG_0001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*